• ホーム
  • 肥満予防には肩甲骨を鍛える

肥満予防には肩甲骨を鍛える

ジムでファストフードを食べている太った男性

先進国を中心に、もはや国民病と呼べるほど深刻化ているのが、肥満です。
生活の利便さは非常に高い一方で、その代償として摂取カロリーの増加、栄養価の偏り、体を動かす必要性の減少などが起こり、私達は少し油断しただけで、一気に肥満の道を歩んでしまうことがあります。
肥満は生活習慣病をはじめとした病気の原因となるのはもちろん、その人の精神衛生にも悪影響をおよぼすことがあります。
なので、肥満になる状態を避けるために、予防をしっかりしておく必要があります。

肥満の予防には様々な手法が取られていますが、肥満予防には肩甲骨を鍛えることも有効であるといわれています。
なぜ肩周りがダイエットに効果があるのだと疑問に思われるかと思いますが、効果がある理由は、この部位には脂肪を燃えやすくする作用がある細胞があり、鍛えることでその効果が高まると言われているからです。
また、この部位を鍛えることで、むくみなども削減、緩和する効果があると考えられています。

鍛える方法は様々ありますが、予算や目的に併せて選択すると良いでしょう。
例えば予算をかなり多く費やしてもよいので高い効果を得たいという方は、ジムでパーソナルトレーナーをつけてもらい、運動と食生活を整えていくことが有後でしょう。
まずは最小予算で始める方は、自宅でストレッチなどからはじめてみましょう。